賃貸物件プラットフォームの「蛋殼公寓」:シリーズCで約560億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

賃貸物件プラットフォームの「蛋殼公寓」:シリーズCで約560億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

賃貸住宅物件プラットフォームの「蛋殼公寓(Danke Apartment)」が、シリーズCで5億ドル(約560億円)を調達した。リード・インベスターは「老虎環球基金(Tiger Global Management)」と「アント・フィナンシャル(螞蟻金服)」。コ・インベスターは「春華資本(Primavera Capital)」のほか、既存株主の「CMC資本(CMC Capital)」や「高榕資本(Gaorong Capital)」など。資金調達後、蛋殼公寓の評価額は20億ドル(約2200億円)を超えた。同社創業者である高靖CEOによると、資金は賃貸物件データベースのアップデート、内部システムとサプライチェーンシステムの改善、ブルーカラー向け物件の充実に充てられるとのこと。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録