越境EC物流サービスの「縦騰集団」:シリーズBで約120億円調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

越境EC物流サービスの「縦騰集団」:シリーズBで約120億円調達

続きを読む

越境EC事業者向けに国際物流サービスを提供する「縦騰集団(福建縦騰網絡有限公司、Fujian Zongteng Network Co.,Ltd)」が、シリーズBで7億元(約120億円)を調達した。リード・インベスターは物流企業の「グローバル・ロジスティック・プロパティーズ(普洛斯)」と「凱輝基金(Cathay Capital)」、コ・インベスターは既存株主の「鐘鼎資本(Eastern Bell)」。縦騰集団は2007年に福州で設立され、傘下に海外倉庫サービスの「穀倉」、グローバル物流サービスの「雲途」などのサブブランドを擁する。

関連キーワード

    メールアドレスを登録して中国最新情報入手