放課後子供教室の「文啓・優思」:シリーズA+で数億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

放課後子供教室の「文啓・優思」:シリーズA+で数億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ハイレベルの学童保育、学習支援サービスを提供する「文啓・優思(Winner’s Key)」が、シリーズA+で数千万元(数億円)を調達した。出資者は「源道投資(S&G Investment)」、「高思教育(Gaosi Education)」、「厦門柏宏鋭爾科技投資」。文啓・優思の周興天CEOによると、資金はオンラインマネジメントシステム「託楽楽」の研究開発、ACT自習システムのアップグレード、学習支援標準化管理プロセスの構築に充てられるとのこと。同社は、小学1-5年生に対して、平日の放課後にサービスを提供している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録