飲料メーカーの「娃哈哈」:スマートロボットの関連会社を設立

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

飲料メーカーの「娃哈哈」:スマートロボットの関連会社を設立

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

飲料メーカー大手「娃哈哈(Wahaha)」グループの「娃哈哈商業股份有限公司」が、2019年3月27日に「浙江娃哈哈智能機器人有限公司」を設立した。資本金は4000万元(約6億6000万円)。スマートロボット、機械設備、パーツの研究開発と製造、販売などの業務を行う。娃哈哈商業股份有限公司が株式の65%を保有し、同社董事長兼総経理でグループ創業者の宗慶後氏が、新会社の法定代理人および最終受益者となり、董事長も兼任、新会社株式の52.15%を保有する。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録