がん早期診断キットの「康立明生物」:シリーズBで約50億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

がん早期診断キットの「康立明生物」:シリーズBで約50億円を調達

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

便DNA検査キットなど、がんの早期診断に用いる試薬キットを研究開発、生産、販売する「広州市康立明生物科技有限責任公司(Creative Biosciences)」が、シリーズBで3億元(約50億円)を調達した。リード・インベスターは「鼎暉投資(CDH Investments)」と「IDGキャピタル」、コ・インベスターは既存株主の「辰徳資本(CDBI Partners)」、「金闔基金(Jinhe Capital)」、「金垣基金(Jinyuan Capital)」。資金は大腸がん検査キット「長安心(COLOSAFE)」のマーケティング、及びがん検査製品の研究開発に充てられる。康立明生物は2015年に広州で設立された。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

    メールアドレスを登録して中国最新情報入手