インターネット医療の「企鵝杏仁」:約280億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

インターネット医療の「企鵝杏仁」:約280億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

インターネットによる医療サービスを提供する「企鵝杏仁(Tencent Trusted Doctors)」が、2億5000万ドル(約274億円)を調達した。リード・インベスターは「碧桂園創投」、「テンセント」、「GAW Capital Partners(基匯資本)」、コ・インベスターは「招銀国際資本(CMB International Capital)」、「嘉実財富管理有限公司(Harvest Wealth Management)」、「中俄投資基金(Russia-China Investment Fund)」、「セコイア・キャピタル・チャイナ(紅杉資本中国)」、「盛世景資産管理集団(Sensegain Asset Management)」、「中航信託股份有限公司(AVIC TRUST)」。資金調達後の評価額は10億ドル(約1100億円)を超えた。資金は医療総合サービス・プラットフォームやヘルスケア・サービス体系の構築に充てられる。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録