SaaS+型ヘルスケアビジネスプラットフォームの「領健」:シリーズC1で約1億6000万円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

SaaS+型ヘルスケアビジネスプラットフォームの「領健」:シリーズC1で約1億6000万円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

SaaS+型ヘルスケアビジネスプラットフォームを提供する「上海領健信息技術有限公司(LinkedCare)」が、シリーズC1で1億元(約1億6000万円)を調達した。出資者は「泰康資産(Taikang Asset Management)」と「朗瑪峰創投(Everest Venture Capital)」。資金調達後、同社はSaaS+型プラットフォームに注力し、歯科医向けSaaS管理システム「e看牙SaaS」、美容外科医向けSaaS管理システム「悦容医美雲SaaS」、ソーシャルCRM(ソーシャルメディアを活用した顧客管理)などを医療機関に提供していく計画。同社は以前にも「マトリックス・パートナーズ・チャイナ(経緯中国)」、「丁香園(DXY)」、「復星集団(Fosun Group)」、「美団点評(Meituan-Dianping)」から資金を調達している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録