著名起業家・羅永浩氏、TikTokで商品売りたい企業を後押し 海外向けEC関連の研修事業を準備中  

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

著名起業家・羅永浩氏、TikTokで商品売りたい企業を後押し 海外向けEC関連の研修事業を準備中  

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国の著名起業家、羅永浩氏が共同創業者として名を連ねライブコマース関連企業「杭州交個朋友教育科技」(以下、交個朋友)が、海外のプラットフォームでライブコマースを展開する企業などに向けた研修事業を立ち上げた。

研修事業は、交個朋友の海外事業部および同社が新たに設立した「交個朋友海外電商学苑」が担当し、動画配信サイト「TikTok」のエコシステムを基盤として展開するという。

研修の内容は、市場分析からマーケティング計画、コンサルティング、インフルエンサーとのマッチング、アカウントの代理運営などをカバーする。中でも、TikTokでのライブコマースに重点を置き、出店やライブ配信などについて実践的な研修が実施されるという。

羅氏は人気インフルエンサーとしても知られており、TikTokの中国版「抖音(Douyin)」のライブコマースでは、すでに大きな実績を上げている。2020年4月に初めて行ったライブコマースショーでは、流通取引総額(GMV)1億1000万元(約20億円)超えという驚異的な記録を打ち立てた。

話題を呼ぶ男、羅永浩氏がライブコマースに参入 約10億円でショート動画「抖音」と提携

TikTokのEC機能はここ数年で急速に成長し、海外のライブコマースプラットフォームの中でも圧倒的な注目を浴びるようになった。22年11月には、TikTokのEC機能「TikTok Shop」が米国向けのサービスを開始したことが明らかになった。調査会社「DataReportal」によると、TikTokユーザーが世界で最も多いのは米国で、2022年7月時点のユーザー数は1億4000万人を超えている。

TikTok、EC事業を強化 米国でも「TikTok Shop」を開設

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録