バイドゥ:北京市の自動運転技術プロジェクトで高精度地図サービス開発などを担当

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

バイドゥ:北京市の自動運転技術プロジェクトで高精度地図サービス開発などを担当

続きを読む

「北京市科学技術重点プロジェクト」に位置付けられている「全天候型マルチモデル自動運転技術開発および機能デモンストレーション(北京冬季五輪科学技術(科技冬奥)特別プロジェクト)」のキックオフ会議が、4月4日に清華大学で開催され、プロジェクトの概要や実施計画の詳細が説明された。プロジェクトの責任者によると、高精度地図サービスおよび無人ミニバスの自動運転と、シミュレーションプラットフォームの開発について、バイドゥが担当するとのこと。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手