SaaS、インタラクティブ広告の「兌吧集団」:香港で上場、約81億円調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

SaaS、インタラクティブ広告の「兌吧集団」:香港で上場、約81億円調達

続きを読む

5月7日、ユーザー管理SaaS及びインタラクティブ広告事業を運営する「兌吧集団(Duiba Group)」が、香港証券取引所に上場した。証券コードは「1753」。発行数は1億1000万株、売出価格は1株当たり6香港ドル(約83円)で、国際市場における調達資金総額は5億8700万香港ドル(約81億円)に上った。兌吧集団の売上高は、2016年には5100万元(約8億円)だったが、2018年には11億3700万元(約178億円)だった。2018年の調整後純利益は2億500万元(約32億円)で、前年同期比72.9%増、同期の純利益率は18%だった。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手