IPFSベース初のソーシャルアプリ「紙条」:エンジェルラウンドで約4億7000万円調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

IPFSベース初のソーシャルアプリ「紙条」:エンジェルラウンドで約4億7000万円調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

IPFS / Filenetネットワークに基づいて開発された全世界初のストレージ分散型ソーシャルアプリ「紙条(Zhitiao)」が、エンジェルラウンドで3000万元(約4億7000万円)の資金を調達した。リード・インベスターは「星際節点(INTERPLANETARY NODE)」CEOの何清涛氏で、そのほか「祖翔資産(Zuxiang Assets)」、「壹五叁資本(One Five Three Capital)」、「成都億太雲区塊鏈技術有限公司(Chengdu Yitaiyun)」も出資した。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録