AIテクノロジー開発を手掛ける「曠視科技」:シリーズDで約814億円調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

AIテクノロジー開発を手掛ける「曠視科技」:シリーズDで約814億円調達

続きを読む

ディープラーニングに強みを持つAI技術開発の「曠視科技(Megvii Technology)」が、シリーズDで7億5千万ドル(約814億円)を調達した。同社創業以来、1回の資金調達としては最高額となる。出資者は、中国銀行傘下の「中銀集団投資有限公司(BOCG Investment)」、アラブ首長国連邦の政府系ファンド「アブダビ投資庁(ADIA)」傘下の完全子会社、オーストラリア最大の投資銀行「マッコーリー銀行(Macquarie Bank)」、「工銀亜洲(ICBC ASIA)」の完全子会社「工銀資管(全球)有限公司(ICBCAMG)」を含む、国際的機関や戦略的投資家。資金は同社のディープラーニング分野の研究開発、AIソリューション商業化のスピードアップに充てられる。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手