オンライン学習アプリの「作業盒子」:シリーズDで約160億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

オンライン学習アプリの「作業盒子」:シリーズDで約160億円を調達

続きを読む

オンライン学習アプリの「作業盒子」を運営する「北京知識印象科技有限公司(Beijing Zhishi Yinxiang Co., Ltd.)」が、シリーズDで1億5000万ドル(約160億円)を調達した。リード・インベスターは「アリババグループ」。これまでにも作業盒子は、「聯想之星(Legend Star)」、「好未来教育集団(TAL Education Group)」、「百度風投(Baidu ventures)」、「雲鋒基金(YF Captial)」、「ベルテルスマンアジア投資基金(BAI)」などから資金を5度にわたり調達している。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手