分子検出器及び試薬の研究開発メーカー「比格飛序」:シリーズPre-Aで約1億5000万円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

分子検出器及び試薬の研究開発メーカー「比格飛序」:シリーズPre-Aで約1億5000万円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

分子検出器及び試薬の研究開発と製造に従事する「杭州比格飛序生物科技有限公司(Hangzhou Bigfish Bio-tech Co.,Ltd.)」が、シリーズPre-Aで約1000万元(約1億5000万円)を調達した。出資者は「連力資本(LONGLY CAPITAL)」、「宜来資本」、及び既存株主の「老鷹基金(Eagles Fund)」。同社によると、資金は分子POCT(迅速検体検査)関連新製品などの研究開発、及びサプライチェーンの構築に充てられるとのこと。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録