「社区」向け共同購入の「同程生活」:シリーズPre-A及びA1で資金を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

「社区」向け共同購入の「同程生活」:シリーズPre-A及びA1で資金を調達

続きを読む

「社区」(中国独自の地域コミュニティ、行政単位)向けの共同購入プロジェクト「同程生活(Tongcheng Life)」が、シリーズPre-Aで数千万元(数億円)、シリーズA1で数千万ドル(数十億円)を調達した。シリーズPre-Aのリード・インベスターは「深圳百果園実業発展有限公司(Pagoda)」と「真格基金(ZhenFund)」、コ・インベスターは「深圳微光啓明投資管理有限公司(Shenzhen Welight Qiming Investment Management Co., Ltd.)」と「蘇州工業園区元禾原点創業投資管理有限公司(Oriza Horizon)」、及び既存株主の「同程資本(Tongcheng Capital)」。またシリーズA1のリード・インベスターは「亦聯資本(Engage Capital)」、コ・インベスターは「金沙江創業投資基金(GSR Ventures)」と既存株主の真格基金。財務アドバイザーは「山景資本(MV Capital)」が務めた。同程生活は、生鮮食品から家庭用品および関連サービスに至る、家庭消費関連サービスの提供に注力しているほか、フロントエンドでは「社区」リーダーの創業をサポートし、バックエンドでは商品流通の効率化に力を入れている。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手