3D視覚技術の「光鑒科技」:シリーズAで約16億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

3D視覚技術の「光鑒科技」:シリーズAで約16億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

3D視覚技術によるソリューションを提供する「深圳市光鑒科技有限公司(Deptrum)」が、シリーズAで1500万ドル(約16億円)を調達した。リード・インベスターは「双湖資本(Wu Capital)」と「ソフトバンク・チャイナ・ベンチャー・キャピタル(軟銀中国資本)」、コ・インベスターは「信中利(ChinaEquity Group)」と、既存株主の「北極光創投(Northern Light Venture Capital)」および「松禾資本(Green Pine Capital Partners)」。資金は主に3D視覚製品の量産、研究開発およびマーケティングチームの拡充に充てられ、スマートデバイス、ニューリテール、スマートコミュニティ等の分野における同社3D技術の活用を加速していく。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録