幼児向け中国語教育の「小塔学院」:エンジェルラウンドで数億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

幼児向け中国語教育の「小塔学院」:エンジェルラウンドで数億円を調達

続きを読む

幼児向けに国語(注:中国語)教育プラットフォーム「小塔学院(Kidsmos)」を展開する「上海誠耘教育科技有限公司」が、2018年12月にエンジェルラウンドで数百万ドル(数億円)を調達した。出資者は「北極光創投(Northern Light Venture Capital)」。小塔学院では、子どもの興味を引き出しながら文化的知識を得られるコンテンツの提供に注力している。現在も4~6歳の幼児向けに、人類の起源や漢字の成り立ちなどをテーマにしたカリキュラムを開発しており、今年9月にリリース予定である。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手