IoTセキュリティサービスの「智普信」:シリーズPre-Aで約15億円超を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

IoTセキュリティサービスの「智普信」:シリーズPre-Aで約15億円超を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ビジネスや家庭、公共空間、政府機関など様々なシーンにIoTセキュリティシステムを提供する「北京智普信科技股份有限公司(Beijing Zeepson Technology,lnc.)」が、シリーズPre-Aで1億元(約15億円)超の資金を調達した。出資者は「テンセント投資(Tencent Investment)」、「楽博資本(Lebox Capital)」、「国融資本(Guorong Capital)」など。智普信は2008年に設立。現在、同社のプラットフォームに接続している端末デバイスは130万を超え、2019年の売上高は1億元を超える見込み。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録