IoTセキュリティサービスの「智普信」:シリーズPre-Aで約15億円超を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

IoTセキュリティサービスの「智普信」:シリーズPre-Aで約15億円超を調達

続きを読む

ビジネスや家庭、公共空間、政府機関など様々なシーンにIoTセキュリティシステムを提供する「北京智普信科技股份有限公司(Beijing Zeepson Technology,lnc.)」が、シリーズPre-Aで1億元(約15億円)超の資金を調達した。出資者は「テンセント投資(Tencent Investment)」、「楽博資本(Lebox Capital)」、「国融資本(Guorong Capital)」など。智普信は2008年に設立。現在、同社のプラットフォームに接続している端末デバイスは130万を超え、2019年の売上高は1億元を超える見込み。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手