企業向けライブストリーミングサービスの「目睹」:シリーズBで約17億円調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

企業向けライブストリーミングサービスの「目睹」:シリーズBで約17億円調達

続きを読む

中国最大のコマーシャルライブストリーミングプラットフォーム「目睹直播(Mudu.tv)」を運営する「杭州雅顧科技有限公司(Hangzhou Yagu Technology Co., Ltd.)」が、シリーズBで1億1千万元(約17億円)を調達した。出資者は「用友集団(Yonyou Group)産業投資」。資金は、基礎技術の研究開発、サプライチェーンの最適化、運営のリファインメントに充てられる。目睹直播の創業者兼CEO・魯力氏によると、同社は2018年から用友のクラウドマーケットプレイス「用友雲(yonyou cloud)市場」に出店しており、両社のユーザーグループは比較的一致しているとのこと。今後、用友集団は目睹に対してより多くのエコシステムリソースを提供し、中国国内の大、中規模企業とのコンタクト増加をサポートする。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手