不動産賃貸プラットフォーム「自如」:シリーズBで約540億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

不動産賃貸プラットフォーム「自如」:シリーズBで約540億円を調達

続きを読む

不動産賃貸プラットフォーム「自如」を運営する「北京自如生活企業管理有限公司(Ziroom)」が、シリーズBで約5億ドル(約540億円)を調達した。リード・インベスターは「泛大西洋資本投資集団(General Atlantic)」、コ・インベスターは「テンセント」、「セコイア・キャピタル・チャイナ(紅杉資本中国)」、「天図資本(Tiantu Capital)」。資金調達前の同社評価額は45億ドル(約4800億円)であった。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手