ロボットプログラミング教育の「火箭実験室」:シリーズシードで数千万円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

ロボットプログラミング教育の「火箭実験室」:シリーズシードで数千万円を調達

続きを読む

3~18歳を対象としたロボットプログラミング教育カリキュラムの研究開発を行う「火箭実験室(Rocket Labs)」が、シリーズシードで数百万元(数千万円)を調達した。リード・インベスターは「南京信大気象科学技術研究院有限公司(Nanjing Xinda Institute of Meteorological Science & Technology)」。資金は主にカリキュラムの研究開発とハードウェアデバイスへの投資に充てられる。火箭実験室は1年余りの準備期間を経て、今年5月に始動、「DJI(大疆創新科技有限公司、Da-Jiang Innovations )のトイドローン「Tello Edu」や、最近リリースされた戦車型教育用ロボット‎「RoboMaster S1」をメイン教材とする。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手