AR+AIスタートアップ「易現先進科技」:15億円以上を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

AR+AIスタートアップ「易現先進科技」:15億円以上を調達

続きを読む

IT大手網易(NetEase)のAI事業部によってインキュベートされた、AI及びAR(拡張現実)のスタートアップ企業「杭州易現先進科技有限公司(EasyXR Advanced Tech)」が1億元(約15億円)を上回る資金を調達した。リード・インベスターは「蘇州工業園区元禾原点創業投資管理有限公司(Oriza Horizon)」、コ・インベスターは「浙江新湖智脳投資管理合夥企業」、「頭頭是道投資基金(Toutoushidao Capital)」などで、「網易」も原始株主として出資している。易現先進科技は、董事長兼CEOの李暁燕氏により2011年に「網易杭州研究院」内に設立され、フルスタックAI技術の応用及び研究を行っている。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手