美術教育プラットフォームの「美術宝」:シリーズC1で約43億円を調達、テンセントも出資

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

美術教育プラットフォームの「美術宝」:シリーズC1で約43億円を調達、テンセントも出資

続きを読む

美術教育プラットフォームの「美術宝(Meishubao)」を運営する「北京芸旗網絡科技有限公司(Beijing Yiqi Network Technology Co., Ltd.)」が、シリーズC1で4000万ドル(約43億円)を調達した。リード・インベスターは「テンセント(騰訊)」、コ・インベスターは「藍馳創投(Bluerun Ventures)」、「弘毅投資(Hony Capital)」、「微光創投(Welight Capital)」、「北京華聯長山興投資管理有限公司(BHG Long Hills Capital Management Co Ltd)」、「昆明創致投資管理有限公司(Kunming Chuangzhi Investment Management Co.,Ltd.)」。財務アドバイザーは「高鵠資本(Cygnus Equity)」が務める。資金は保護者向け授業料バンクの設立、教育研究及びコンテンツシステムの強化、インタラクティブクラス及びビジネス/オペレーションサポートシステム(BOSS)のアップグレードなどに充てられる。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手