「iTown」運営企業の「城雲国際」:シリーズCで約47億円調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

「iTown」運営企業の「城雲国際」:シリーズCで約47億円調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

「iTown(インターネットを様々な場面で活用しスマート化した都市)」を運営する「城雲国際(City Cloud International)」が、シリーズCで3億元(約47億円)を調達した。出資者は「緑地控股集団股份有限公司(Greenland Holdings Corp. Ltd.)」。資金はチーム構築および、クラウドネイティブやビッグデータインテリジェンスなどといったコア技術の研究開発に充てられる。同社はシリーズAで「シスコシステムズ(Cisco Systems, Inc.)」から、シリーズBで不動産会社「碧桂園(Country Garden)」からも資金を調達している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録