メッセンジャーRNA製薬の「斯微生物」:シリーズAで約15億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

メッセンジャーRNA製薬の「斯微生物」:シリーズAで約15億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

2019年7月、メッセンジャーRNA(mRNA)を活用した新薬の研究開発を行う「斯微生物(Stemirna Therapeutics)」が、シリーズAで約1億元(約15億円)を調達した。出資者は「張江火炬創業投資(Zhangjiang Torch Venture Capital)」、「珠海隆門叁号投資基金」、「久友智慧投資」、「伊泰久友投資(Jiuyou Capital)」、「芳華投資(Fanghua Investment)」、既存株主の「龍磐投資(Longpan Investment)」。財務アドバイザーは「探針資本(Probe Capital)」が務めた。資金はmRNA医薬のGMP(適正製造規範)生産センター建設、病院での臨床試験、個別化がんワクチンプロジェクトのIND(治験)申請業務などに充てられる。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録