ホームフィットネスの「Fiture」、セコイア中国から約6億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

ホームフィットネスの「Fiture」:約6億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

テクノロジーを活用した家庭向けフィットネスサービスを提供する「Fiture(成都沸徹科技)」が、600万ドル(約6億円)を調達した。出資者は「セコイア・キャピタル・チャイナ(紅杉資本中国)」。

Fiture創業者の1人唐宇瀚氏は、「同社がフィットネスユーザーを調査したところ、レジスタンストレーニングに対する支出意思が高いことが分かった。レジスタンストレーニングは専門的なハードルが高く、自己流ではケガをしやすいので、多くのユーザーがパーソナルトレーナーや、手ほどきをしてもらえるベテランユーザーを探す傾向にある。Fitureはパーソナルトレーナーの代わりではなく、ユーザーが行うホームフィットネスを補完するものだ」と述べている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録