AI+IoT企業「特斯聯」:シリーズC1で約300億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

AI+IoT企業「特斯聯」:シリーズC1で約300億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

AIとIoTを活用し、政府や企業に対して、都市経営やセキュリティなど諸分野に関するワンストップ・ソリューションを提供する「特斯聯(Terminus Technologies)」が、シリーズC1で20億元(約300億円)を調達した。リード・インベスターは「光大控股(China Everbright Limited)」、コ・インベスターは「京東(JD.com)」、「科大訊飛(iFLYTEK)」、「万達投資(Wanda Investment)」など。資金は製品のアップグレードや実用化促進に充てられる。特斯聯は光大控股がインキュベートした。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録