WeChat直販の「直客通」:シリーズCで約45億円超を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

WeChat直販の「直客通」:シリーズCで約45億円超を調達

続きを読む

WeChatミニプログラムにおいてSaaS型直販サービス&デジタルマーケティングサービスを提供する「直客通(Zhiketong)」が、シリーズCで約3億元(約45億円)を調達した。シリーズC1のリード・インベスターは「セコイア・キャピタル・チャイナ(紅杉資本中国基金)」、コ・インベスターは既存株主の「IDGキャピタル」、「順為資本(Shunwei Capital)」、「光速中国(Lightspeed China Partners)」、シリーズC2のリード・インベスターは「元璟資本(Vision Plus Capital)」、コ・インベスターはセコイア・キャピタル・チャイナ、シリーズC3のリード・インベスターは「中青旅紅奇基金(CYTS Hongqi Partnership)」。資金は技術革新及び事業拡大に充てられ、高級ホテルや観光地の顧客獲得に向けたデジタルマーケティングソリューションを提供していく。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手