物流容器関連サービスの「箱箱共用」:シリーズCで数十億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

物流容器関連サービスの「箱箱共用」:シリーズCで数十億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

物流容器のデジタルサービス・プラットフォーム「箱箱共用」を運営する「ホーレン物流(鴻研物流)」が、シリーズCで数億元(数十億円)を調達した。リード・インベスターは「中美緑色基金(U.S.-China Green Fund)」、コ・インベスターは既存株主の「領中資本(Lantern Capital)」。ホーレン物流は、中国国内にサービス拠点を約200箇所有しており、青果や生花、郵送宅配、自動車部品などの業種で使用する通い箱を製造、販売、レンタル、管理するサービスを行う。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録