MROプラットフォームの「易買工品」:シリーズAで約11億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

MROプラットフォームの「易買工品」:シリーズAで約11億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中小企業を対象としたMRO(Maintenance Repair and Operationsの略で企業が日常的に購入・調達する備品や消耗品のこと)プラットフォーム「易買工品(YESMRO)」を運営する「摂提信息科技」が、シリーズAで1000万ドル(約11億円)を調達した。リード・インベスターは「経緯中国(Matrix Partners China)」、コ・インベスターは「順為資本(Shunwei Capital)」と既存株主の「磐霖資本(Panlin Capital)」。資金は、取り扱い品目の増強などサプライチェーンの強化と、アフターサービスや技術の改善によるサービスレベルの向上に充てられる。易買工品は2016年に設立された。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録