インドネシアP2Pレンディング「SuperAtom」:約26億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

インドネシアP2Pレンディング「SuperAtom」:約26億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

インドネシアでP2Pレンディング(個人間融資)プラットフォームアプリ「UangMe」を運営する「SuperAtom」が、2400万ドル(約26億円)を調達した。リード・インベスターは「戈壁創投(Gobi Partners)」、コ・インベスターは「猟豹移動(Cheetah Mobile)」。SuperAtomは2018年に設立され、同年インドネシア金融庁(OJK)から認可を取得、欧米や日本、シンガポールなどから資金を調達し、東南アジア諸国のニーズに合わせた金融サービスを提供している。同社のアプリ「UangMe」は、既に約500万回ダウンロードされている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録