中国WeRide、シンガポールの自動運転ライセンスを取得 中国、米国、UAEに続き4カ国目

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ注目記事

中国WeRide、シンガポールの自動運転ライセンスを取得 中国、米国、UAEに続き4カ国目

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

自動運転レベル4の開発で世界をリードする「文遠知行(WeRide、ウィーライド)」はこのほど、シンガポール陸上交通庁(LTA)が発行する自動運転車の公道実証実験ライセンス「M1(Milestone 1)」と特殊区域の公道実証実験ライセンス「T1(T1 Assessment License)」を取得したと発表した。

同社の自動運転小型バスは、スタートアップ企業が集まる新興ビジネスエリアのワンノース地区やシンガポール国立大学などの重要地域を含む公道での実証実験が可能になる。

中国の自動運転ユニコーン「WeRide」、米国上場へ 評価額は6400億円超

文遠知行は、中国、米国、アラブ首長国連邦(UAE)、シンガポールと4カ国の自動運転ライセンスを保有する世界初のテクノロジー企業となった。

UAEで初の自動運転公道走行ライセンス、中国「WeRide」が取得

(36Kr Japan編集部)

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録