スマートサイネージの「ThingWorks」:エンジェルラウンドで約1億5000万円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

スマートサイネージの「ThingWorks」:エンジェルラウンドで約1億5000万円を調達

続きを読む

スマートサイネージの「悉息科技(ThingWorks)」が、エンジェルラウンドで約1000万元(約1億5000万円)を調達した。出資者は「戈壁創投(Gobi Partners)」。資金は製品の研究開発と開発チームの拡充に充てられる。悉息科技は2018年に設立され、スマートサイネージシステム「悉息掌控」を開発。同システムは工場内でデータの収集と処理、分析を行い、分析結果はスマートフォンやパソコン、テレビモニターなどのデバイスで表示することが可能。

関連キーワード

    メールアドレスを登録して中国最新情報入手