虹彩認証の「万里紅」:約140億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

虹彩認証の「万里紅」:約140億円を調達

続きを読む

虹彩認証や電子行政などの情報セキュリティサービスを提供する「万里紅(SupperRed)」が、第三者割当による新株式発行に関する調印式の席上、新たに9億5000万(約143億)を調達したことを明らかにした。出資者は、「金泰富資本(Jintaifu Capital)」、「青島精確智芯股権投資(Qingdao Jingque Xinyuan Investment)」、「珠海グリーベンチャーズ」など。万里紅の李磊董事長によると、資金は、基幹ソフトウェア、統合情報システム、情報セキュリティ、虹彩認証技術などの研究開発、および業務の拡張や改革に充てられるとのこと。

関連キーワード

    メールアドレスを登録して中国最新情報入手