アリババのAIラボ:スマートハウスを実現する計画を始動

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

アリババのAIラボ:スマートハウスを実現する計画を始動

続きを読む

アリババの年次大会「雲栖大会(Apsara Conference)」においてアリババAIラボは「家庭大脳」計画を発表した。AIスマートスピーカー「天猫精霊(Tmall Genie)」に音声、ビジュアル、タッチパネルなどの対話型操作を組み合わせ、AIによる認識、理解、処理などの技術を通して5G時代のスマートハウスを実現する。「家庭大脳」はまず浙江省衢州市で試験運用される。このほか、「天猫精霊」の新製品2種類のリリースも発表された。スマートスピーカー初の自然対話が可能な製品となる。

関連キーワード

    メールアドレスを登録して中国最新情報入手