遺伝子検査関連サービスの「Genebox」:シリーズAで約15億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

遺伝子検査関連サービスの「Genebox」:シリーズAで約15億円を調達

続きを読む

遺伝子検査と健康指導を組み合わせたサービス「基因宝(Genebox)」を運営する「拉索生物科技(Laso Biotechnology)」が、シリーズAで約1億元(約15億円)を調達した。リード・インベスターは「大鉦資本(Centurium Capital)」。なお基因宝はかつてエンジェルラウンドで、中国大手薬局チェーン「ダーシェンリン(大参林)」から、3600万元(約5億4000万円)を調達している。同社は2018年5月に設立され、同年末に基因宝をリリースした。

関連キーワード

    メールアドレスを登録して中国最新情報入手