アリババ:「2019年国慶節大型連休消費レポート」を発表

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

アリババ:「2019年国慶節大型連休消費レポート」を発表

続きを読む

10月6日、「アリババ2019年国慶節大型連休消費レポート(阿里巴巴2019“十一”黄金周消费数拠報告)」が発表され、休暇の過ごし方の主流は依然として旅行であることが明らかになった。全体を見ると、消費と旅行はいずれも国外から国内へ回帰し、国内の中でも1、2級都市から3級以下の地方都市へ目的地が変化する傾向にある。オンライン消費では、白酒、蟹、スマート家具などが人気で、10月1日から3日までに、のべ300万人が「天猫超市(Tmall Supermarket)」のセールで「茅台酒」を購入した。また生鮮食品スーパー「盒馬鮮生(Hema Fresh)」では蘇州・陽澄湖産の上海蟹4万匹が販売された。

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手