領収書管理ソリューションの「雲砺信息」:シリーズCで約110億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

領収書管理ソリューションの「雲砺信息」:シリーズCで約110億円を調達

続きを読む

不動産、飲食業向け領収書管理ソリューション「票易通(XForcePlus)」を運営する「雲砺信息」が、シリーズCで約1億ドル(約110億円)を調達した。リード・インベスターはシンガポール政府系ファンド「テマセク・ホールディングス」、コ・インベスターは「ヒルハウス・キャピタル(高瓴資本)」、「鍾鼎資本(Eastern Bell Capital)」。テマセク・ホールディングス中国地区総裁の呉亦兵氏が、雲砺信息の董事に就任する。
雲砺信息はこれまでにヒルハウス・キャピタル、鍾鼎資本、「常春藤資本(Ivy Capital)」、「涌金集団(Yongjin Group)」、IDG Capitalなどから累計10億元(約150億円)以上調達しており、「保利集団(Poly)」やマクドナルド、不動産開発の「万科(Vanke)」、国際B2Bサービス「コンパス」などにサービスを提供している。今後は小売、医薬、物流、ホテル、金融、製造業などにもソリューションを提供していく。

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手