ビデオ再生ソフトウェアの「暴風グループ」:第1~第3四半期は赤字見通し

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

ビデオ再生ソフトウェアの「暴風グループ」:第1~第3四半期は赤字見通し

続きを読む

ビデオ再生ソフトウェア「暴風影音」やテレビサービス「暴風TV」、VRヘッドセット「暴風魔鏡」シリーズを手掛ける「暴風グループ(Baofeng Group)」が、2019年第1~第3四半期の業績予想を発表した。1億5100万元(約22億7000万円)から1億5600万元(約23億4000万円)の損失となる見通し。だが前年同期の2億2800万元(約34億円)より赤字幅は縮小した。また、第3四半期は昨年同期1億2200万元(約18億円)の損失であったものの、今期は1億800万元(約16億円)から1億1300万元(約17億円)の黒字が出る見通しとのこと。

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手