植込み型刺激医療機器の「瑞神安」:シリーズAで数億円を調達、年内発売の予定

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

植込み型刺激医療機器の「瑞神安」:シリーズAで数億円を調達、年内発売の予定

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

植込み型刺激機器の研究開発を手掛ける「瑞神安医療器械(Rishena)」が、シリーズAで数千万元(数億円)を調達した。出資者は上場企業の「愛朋医療(apon)」と「栄安創投(Rays Capital)」、財務アドバイザーは「方圓資本(Optimas Capital)」が務めた。資金は脊髄刺激療法(SCS)に用いられる植込み型脊髄電気刺激装置の臨床試験と製品の開発、マーケティングに充てられるとのこと。同製品は国家薬品監督管理局の承認を待つ段階にあり、今年の発売を予定している。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手