「京東」傘下の共同購入アプリ「京喜」:「双11」1日で約1億アイテムを販売

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

「京東」傘下の共同購入アプリ「京喜」:「双11」1日で約1億アイテムを販売

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

EC大手「京東(JD.com)」が展開する共同購入サービスアプリ「京喜(Jingxi)」が、「双11」(11月11日、中国最大のECセールの日)の取引実績を発表した。京喜ではこの1日で1億100万アイテムを販売したが、購入者の7割近くはローエンド市場である3-6級の地方都市在住ユーザーが占めた。また同アプリは、10月31日から「WeChat(微信)」のショッピングメニューでトップ画面に実装されているが、双11当日における注文数のピーク値は、実装前の1週間(10月24-30日)における1日当たりの平均値より400%増加し、新規顧客数も9月における日毎の平均値より747%増加した。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録