科学技術総合サービスの「泰坦科技」:約15億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

科学技術総合サービスの「泰坦科技」:約15億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

科学研究者や品質管理担当者向けに、ラボ製品や付帯サービスをトータルで提供する科学技術サービスプラットフォーム「泰坦科技(Titan)」が、1億元(約15億円)を超える資金を調達した。出資者は「鐘鼎資本(Eastern Bell Capital)」。今シリーズは現時点において、中国科学技術サービス市場における最大の単一投資となる。また鐘鼎資本にとっては、2018年12月に行った初回出資以降、同社への2度目の出資となる。資金は同社サプライチェーンのアップグレードなどに充てられ、中国全土をカバーする専門サービス及び配送時間の短縮を実現する。泰坦科技は2017年10月設立。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録