3Dインテリアデザインの「酷家楽」:シリーズD+で資金を調達、評価額10億ドルへ

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

3Dインテリアデザインの「酷家楽」:シリーズD+で資金を調達、評価額10億ドルへ

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

VRを活用した3Dインテリアデザインソフトウェアを提供する「酷家楽(Kujiale)」が、シリーズD+で資金を調達した。リード・インベスターは「高瓴資本(Hillhouse Capital)」、コ・インベスターは既存株主の「順為資本(Shunwei Capital)」、「GGV Capital(紀源資本)」など。調達後、同社の評価額は10億ドル(約1100億円)を超えた。資金はソフトウェアの研究開発、関連産業へのデジタル化ソリューション提供力の強化に充てられる。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録