子供向けプログラミング教室「核桃編程」:シリーズBで約54億円調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

子供向けプログラミング教室「核桃編程」:シリーズBで約54億円調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

子供向けにプログラミング教室を展開する「核桃編程(Hetao101)」が、シリーズBで5000万ドル(約54億円)を調達した。リード・インベスターは「華興新経済基金(China Renaissance New Economy Fund)」と既存株主の「高瓴資本(Hillhouse Capital)」、コ・インベスターは「衆源資本(UNITED MEDIA FOFS)」、「微影資本(WE Capital )」、「源碼資本(Source Code Capital )」、「XVC」。財務アドバイザーは「泰合資本(TH Capital)」が務めた。資金調達後1年の間に核桃編程は、AI教育製品の開発技術のアップグレードに1億5000万元(約23億円を)を投入する計画で、顔認識技術とインテリジェントなスライシングによってAIティーチャーシステムを確率する。また、スマート教育およびスマート教師養成システムを構築して、新たな教師養成所を7ヶ所建設する。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録