ソフトバンク:第2号ビジョン・ファンドで少なくとも約2200億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

ソフトバンク:第2号ビジョン・ファンドで少なくとも約2200億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

インドのオンラインメディア「ET Tech」が、ソフトバンクの第2号ビジョンファンドにはApple、Microsoft、「フォックスコン・テクノロジー・グループ(富士康科技集団)」、「カザフスタン国立銀行投資公社」から出資が見込まれ、同ファンドから少なくとも1件の投資が既に行われたと報じた。第1号ビジョン・ファンドは2016年10月に設立され、最初の7ヶ月で930億ドル(約10兆円)を調達した。2019年7月、ソフトバンクは第2号ファンドは第1号よりも規模が大きくなるとの見通しを示していた。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録