ファーウェイ:全世界に8万人の研究開発スタッフ、2018年の研究開発費は約1兆6000億円

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

2019年11月4日、ファーウェイはパリで「第7回ファーウェイ・ヨーロッパ・イノベーションデ一(Huawei European Innovation Day)」を開催した。その席上、同社董事のウィリアム・シュー(徐文偉)氏は、2018年の研究開発費が150億ドル(約1兆6000億円)を超え、EUが発表した2018年の工業研究開発投資ランキングで世界第5位となったことを明らかにした。同社はすでに1996年の時点で、研究開発準備費用は研究開発費の10%以上を占めねばならないと明確に定めている。その基準は現在20%以上に引き上げられ、毎年20-30億ドル(約2100-3200億円)が先端技術と基礎技術研究に充てられている。また現在、ファーウェイは全世界に8万人を超える研究開発スタッフを抱えているが、これは全社員数の約45%を占める。(『証券時報』)

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手