ドローンメーカーの「極飛科技」:エアバスと配送用ドローンを共同開発

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

ドローンメーカーの「極飛科技」:エアバスと配送用ドローンを共同開発

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

農業用ドローンなどを手掛ける「極飛科技(XAG)」が、エアバスと共同開発した配送用小型ドローンのテスト飛行に成功した。両社は2019年7月2日に、世界経済フォーラム(WEF)において、コードネーム「Vesper」という配送用ドローンを共同で研究開発するため、プロジェクト提携契約を締結していた。このドローンは、中国全土にある2000余りの基地局との通信により、誤差数センチの高精度ナビゲーションネットワークを利用して、予定航路に従った正確な自動飛行が可能である。今回広州で行われた食品配送のテスト飛行において、Vesperドローンは配送時間を3分にまで短縮した。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手