倉庫型コスメ専門店「HARMAY」:高瓴資本から資金を調達、評価額は約77億円に

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

倉庫型コスメ専門店「HARMAY」:高瓴資本から資金を調達、評価額は約77億円に

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

複数の消息筋によると、倉庫型コスメ専門店の「HARMAY(話梅)」が資金を調達した。リード・インベスターは「高瓴資本(Hillhouse Capital)」で、資金調達後の同社の評価額は約5億元(約77億円)に達した。
これに先立ち、高瓴資本は2019年9月に中国のコスメブランド「完美日記(Perfect Diary)」に対してもリード・インベスターとして出資しており、完美日記とHARMAYという2つの話題のブランドへの出資を完了した。現時点で高瓴資本の評価額は10億ドル(約1086億円)を超えている。
HARMAYは現在3店舗のみで初期段階の企業であり、販売スタイルに特色はあるものの、一部の主要投資機関は出資を行わずに「模様眺め」の段階である。新たな資金調達の情報について、HARMAY側に確認をしたが、未だ回答は得られていない。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手