Appleが28年ぶりにCESに参加、プライバシー構築方法について議論の予定

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

Appleが28年ぶりにCESに参加、プライバシー構築方法について議論の予定

メールマガジンに登録

続きを読む

2020年1月に米国ネバダ州ラスベガスにて開催される「CES(コンシューマ・エレクトロニクス・ショー)」の技術会議にAppleが数十年ぶりに参加し、新たなハードウェア製品のプロモーションではなく、消費者プライバシーに対するAppleの立場について語ると、米ブルームバーグが12月10日(現地時間)付けで報道した。
CESのアジェンダによると、Appleのグローバルプライバシー担当シニアディレクターであるジェーン・ホバース(Jane Horvath)氏が、1月7日の「Chief Privacy Officer Roundtable(最高プライバシー責任者円卓会議)」に登壇する。この会議でホバース氏は、FacebookやP&Gのプライバシー責任者や、米連邦取引委員会(FTC)のコミッショナーと共に、規模、規制、及び消費者の要求に応じたプライバシー構築方法について議論する予定だ。AppleのCESへの正式参加は1992年以来となる。

メールマガジンに登録

関連キーワード

メールマガジンに登録