生鮮品EC「蘇寧菜場」:北京でサービス開始

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

生鮮品EC「蘇寧菜場」:北京でサービス開始

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

家電大手EC「蘇寧易購集団(Suning.com)」傘下のコンビニ「蘇寧小店(Suning Xiaodian)」がアプリ上で展開する生鮮品事業「蘇寧菜場(Suning Food Market)」が北京でサービスの提供を開始した。最初のサービス対象地域は朝陽区慈雲寺、通州区、豊台区馬家堡、大興区亦荘など若いホワイトカラー層が集まるエリアをカバーし、配送以外に30店の実店舗で購入した商品を受け取ることも可能である。蘇寧小店アプリ上で、蘇寧菜場は季節の野菜、肉類・卵、鮮魚・海産物、フレッシュフルーツの4つのカテゴリーに分かれており、商品数は150を上回っている。また、蘇寧菜場は長ネギ、ジャガイモ、ほうれん草など消費頻度の高い生鮮品が含まれる0元特設コーナーを設け、1個の購入から配送に対応する。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録